指揮者・ソリスト プロフィール

加藤 晃(指揮)

長野市出身。愛知県立芸術大学卒業。

1991年ドイツ国立アーヘン音楽大学に留学。

1993年から1995年までボンの室内オーケストラ「ボン・クラッシック・フィル」のメンバーとしてドイツ各地での定期 公演に参加。

1996年、ヴァイオリンとヴィオラでDIPLOMを修得し同大学を卒業、帰国。 愛知県立芸大在学中より、アマチュアオーケストラの指揮、指導者としての活動を始める。

指揮者としては、1991年より名古屋弦楽ゾリステンの音楽監督として、全ての定期公演の指揮者を務めているほか、各地のアマチュア・オーケストラの公演に招かれている。指導者としては、1989年より名古屋大学交響楽団のトレーナーを務めているほか、主に東京、名古屋を中心に活動している。長野ensemble NOVA代表。

2011年10月に脳出血で倒れ、入院。2012年1月末に退院。左半身麻痺が残り、現在もリハビリを継続中。2013年2月に指揮活動に復帰。


深谷亜希(ピアノ&オルガン)

5才よりピアノを始める。第12回「ジュニアソリストによる協奏曲の夕べ」に出演。第46回「全日本学生音楽コンクール」東海大会小学校の部第1位。翌年、同コンクールにおいて中学校の部第2位。受賞者記念演奏会に出演。第17回、第18回「ピティナピアノコンペティション」E級全国大会銅賞。受賞者記念演奏会に出演。第20回F級全国大会出場。「新しいピアノコンチェルトとの出逢い」にてポーランドのオーケストラ、カペラ・クラコヴィエンシスと共演。Varia・スプリングコンサートVol.1、3、4、Varia・室内楽コンサートに出演。2007年エメラルドコンサートセレクトシリーズVol.1に出演。2009年エメラルドニューイヤーコンサートにおいて、中部フィルハーモニー交響楽団と共演。

ソリストとして、2010年に名古屋弦楽ゾリステンと、2012年、2013年にはアンサンブル・エネルジコと共演。2007年よりムーシケホールにおいてムーシケ・パイプオルガンコンサートを定期的に開催。

ピアノを杉浦日出夫、深谷直仁の各氏に、オルガンを高橋靖子氏に師事。名古屋大学文学部卒業。


小嶋直也(指揮)

愛知県生まれ。名古屋大学経済学部卒業。打楽器を菅生知巳氏に師事。

高校生の時、吹奏楽部の指揮を務めたことを契機に、独学で指揮を勉強。

現在、アンサンブル・エネルジコにてトレーナーを務めるほか、名古屋ムジークフェライン管弦楽団等で打楽器奏者として活動。

アンサンブル・エネルジコのクリスマスコンサートの指揮を第1回より務める。